【陰陽師】花鳥風月の性能とおすすめの御魂【SSR】

花鳥風月

この記事では『陰陽師』のSSR式神「花鳥風月」の性能やおすすめの御魂を紹介しています。

スポンサーリンク

花鳥風月のスキル

スキル

黒ダルマを持っているなら覚醒させる前に使うのがオススメです。

できれば花鳥共鳴のスキルレベルを優先的に上げたい…

スポンサーリンク

通常攻撃:帰鳥

目標に攻撃力の80%相当のダメージを与える。さらに50%の確率で飛ぶ鳥を戻らせる。HPが一番低い味方に花鳥風月の最大HPの10%分のHPを回復させる。

通常攻撃時に50%の確率でHPが一番低い味方のHPを花鳥風月の最大HPの10%分回復させる

Lv2:スキルの追加ダメージ+5%
Lv3:スキルの追加ダメージ+5%
Lv4:スキルの追加ダメージ+5%
Lv5:スキルの追加ダメージ+5%

スキル:花鳥共鳴

味方全体に最大HPの8%分のHPを回復させる。さらに2ターンの間[かぐわしい花]効果を掛け、味方が次の2回行動の前に、それぞれ花鳥風月の最大HPの7%と6%分のHPを回復する。

スキル発動で全体回復、味方のターン開始時さらに花鳥風月の最大HPの7%(1回目)と6%分(2回目)のHPを回復(2回)。味方のターンが回ってきてすぐに回復します。

鬼火を3消費して発動

Lv2:直接HP回復量が10%にアップする
Lv3:[かぐわしい花]効果強化:HP回復量が花鳥風月の最大HPの9%と8%にアップする
Lv4:直接HP回復量が12%にアップする
Lv5:[かぐわしい花]効果強化:HP回復量が花鳥風月の最大HPの11%と10%にアップする

スキル:絵巻の世界

花鳥風月は行動終了後、20%の確率で絵巻の世界に入り、行動ゲージが20%アップする。

覚醒後にアンロックする。

Lv2:発生率が25%にアップする
Lv3:効果強化:行動ゲージが25%アップする
Lv4:発生率が30%にアップする
Lv5:効果強化:行動ゲージが30%アップする

花鳥風月におすすめの御魂

で反撃を利用して通常攻撃による回復狙いがオススメです。

2セットで追加攻撃力15%、4セットで装着者がダメージを受けた時、35%の確率で通常攻撃で反撃する

単純にHP15%アップの御魂を2セット×3が回復量アップとしてはオススメです。基本的に花鳥風月のHPに対して回復量がアップするので、HP増加系の御魂と相性が良いです。

樹妖の4セットで回復量アップ

2セット効果で追加HP15%、4セット効果で味方全体のHP回復量が20%アップ

スキルの回復は花鳥風月の最大HPの%ですが、回復量は上昇します。

地蔵の像の4セットで耐久性を上げる

2セットでHP15%、4セットでHPの10%分のダメージを吸収できるバリアを展開。さらに、30%の確率で味方も同時にかばう

HPの多い花鳥風月はそこそこいい壁役にもなります。

鏡姫をセットしてダメージを反射するのも面白いと思います。
2セットで追加HP15%、4セットで30%の確率で被ダメージの100%を反射する

真っ先に狙われやすいヒーラーということもあり、反射は結構役に立ちます。

花鳥風月の性能

優秀な全体回復と2回ターン開始時に各式神の回復で回復量は多いです。

また、通常攻撃でも50%でHPが最も低い味方へ回復が可能で鬼火がなくても回復ができます。50%なので回復目当てで通常攻撃をするのは危険ですが。

花鳥風月はHPが非常に多く、倒れやすいのが特徴です。しかし、その反面攻撃力が最低ランクなため、他の式神で火力を補う必要があります。

序盤は恵比寿の方が強く感じますが、火力が高くなってくる後半では鯉のぼりしか回復手段のない恵比寿よりも使いやすくなります。鯉のぼりは敵が強いと一撃で倒される可能性も高いですからね。

確実に全員を回復でき、回復量も多いのでヒーラーとしてはさすがSSRといった評価です。

編成は鬼火を補充できる座敷童子や椒図と合わせると耐久力のあるPTができますし、どのPTに入れてもヒーラーとして活躍できます。

スポンサーリンク

シェアする