TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)を削除する方法と相手側からの見え方

Twitter

ブログを運営しているとTwitterのDMから何かと質問が来たりするのですが、現在は通知が鬱陶しくなって来たので通知を切っています。

そのため、見ていないDMも多くなって来たのでちらっと確認して削除しようと思ったのですが、相手側からはどう見えるのかも気になったので試してみました。

この記事ではTwitterのDM(ダイレクトメッセージ)を削除する方法と相手側からの見え方について紹介しています。

スポンサーリンク

TwitterのDMを削除する方法

フォローしている人からのDMは「受信」に、フォローしていない人からのDMは「フォローリクエスト」に送られて来ます。

DM

フォローしている人のDMを閲覧する場合、「設定」→「プライバシーとセキュリティ」から「既読通知の送信/受信」をOFFにしておくと相手に既読したのに返信してこないじゃねーか!と思わせないようにすることができます。

フォローしていない人のDMは「許可」ボタンを押さなければ読んだことは知られません。

DMの削除はいたって簡単で、削除したいDMを開いて「削除」を押すだけです。

削除方法

ではDMを削除すると相手側からどう見えるのか。

DMを削除した時の相手側の見え方

DMを削除すると、送信者側のDMに変化はありませんでした。

相手

既読通知もOFFなので、相手側は既読なのかどうかも一切分からないままとなります。

スポンサーリンク

送信したDMの削除方法

送信したDMを開いて右上の「i」アイコンをタップします。

削除方法

「会話の削除」をタップすると送信したDMを削除することができます。

削除

この場合、送信者側のDM一覧からは消えますが、DMを受信した相手側には残ります

そのため、間違ってDMを送った場合は取り返しがつかないので気をつけましょう。

スポンサーリンク

シェアする