Twitterでパクツイや無断転載などによる著作権侵害の通報・報告方法

この記事ではTwitterでパクツイや無断転載などによる著作権侵害の通報・報告方法を紹介しています。

スポンサーリンク

パクツイの通報・報告方法

自分のツイートがパクられたり無断転載され、どうしても相手のツイートを消させたい場合、以下のリンクからTwitterに報告することができます。

著作権侵害について報告する

報告者は著作権者か正式な代理人である必要があります。

「私は著作権者です。」か「私は著作権者の正式な代理人です。」のどちらかにチェックを付けると入力フォームが表示されます。

「私は著作権者の正式な代理人です。」は主に弁護士を通じて行う場合に使われるようです。

著作権侵害

「どこで著作権侵害が発生していますか?」でTwitter・Vine・Periscopeの3つの内から1つにチェックを入れると更に入力フォームが表示されます。

素材

「他にも報告することはありますか?」で「はい」にチェックを付けると更に詳しく著作権を侵害している素材について選ぶことができ、「いいえ」にチェックを付けると最後の入力フォームが表示されます。

報告

必要な入力をし、「送信する」を押して完了となります。

「送信」を押さなければ問題ないので、気になる人は覗いてみてください。

この違反報告ページでは、パクツイによる無断転載だけではなく、なりすましや無断で絵がプロフィール画像に使われているなども報告ができます。

スポンサーリンク

違反報告の注意点

この違反報告ページでは、氏名や住所を入力する箇所があります。

法令で定められた法定の手続きが開始され、Twitterは、あなたの連絡先情報を含む申し立てに関する情報を、対象の違反者にすべて開示することになります。

と明記されている通り、著作権を侵害した相手に対し、自身の連作先情報が開示されます。

そのため、自身の情報を相手に開示したくない場合はやめておきましょう。

第三者や個人情報の開示をしたくない方はツイートやプロフィールから直接報告できるので、そちらを使うようにしましょう。

ツイートまたはプロフィールから通報・報告

上で紹介した方法に比べ、簡易的な報告方法になります。

通報

この方法で報告する場合、相手に自分が報告したことがバレたり、個人情報が開示されることはありません。

第三者

この機能で報告後、問題が確認された場合のみ通報者に通知が送られてきます。

スポンサーリンク

シェアする