Twitterでリストの作り方やユーザーの追加と削除方法!見やすいタイムラインを作ろう

この記事ではTwitterのリストの作り方やユーザーの追加と削除方法などについて紹介しています。

スポンサーリンク

リスト機能とは

Twitterのリスト機能とは、特定のユーザーをリストに追加することで、そのリストに入れたユーザーだけのタイムラインを作ることができる機能です。

フォロー数が多いと他のユーザーのツイートを見逃すことが多くあるため、ジャンルでリストに分けたりすることでツイートを見やすくできます。

作ったリストを開くと追加したユーザーだけのタイムラインが見れるので通常のタイムラインでは見辛いと感じる人は作ってみましょう。

リストの作り方

「プロフィール」をタップ

プロフィール

「リスト」をタップ

リスト

右上のアイコンをタップ

アイコン

1個もリストを登録してない場合は「リスト作成」でもOK

作成するリストの名前を決めます。特定のゲーム内の友達ならそのタイトルにするなど、リストに入れるユーザーが分かりやすいように決めましょう。

リストの説明も入力すると更に分かりやすくなります。

「名前」「説明」を入力して「完了」をタップ

完了

非公開にしていない場合はリストに入れた相手に通知が届きます。

ユーザー追加画面になりますが、検索窓からだけではなくフォローやフォロワーリストからでも追加と削除が可能です。

検索窓でリストに追加したいユーザー名や名前を入力して探します。

名前

追加したいユーザーが見つかったらタップ

追加

タップした時点でリストに追加されます。

また、フォローやフォロワーから追加したいユーザーを探して「プロフィールアイコン」→「歯車アイコン」→「リストへ追加または削除」でもリストへの追加が可能です。

スポンサーリンク

ユーザーの追加と削除

フォローとフォロワーリストからユーザーを探して追加も可能です。

「プロフィールアイコン」→「歯車アイコン」→「リストへ追加または削除」をタップ

追加と削除

選択したユーザーをどのリストへ追加するか、追加済みのユーザーならどのリストから削除するかを選択します。

チェックが付いているリストは既に選択したユーザーを追加済みです。

リストへ追加するなら追加したいリストをタップするとチェックが付き、追加済みのリストをタップするとチェックが外れて削除となります。

追加

右上の「完了」をタップ

リストへ追加時の通知に注意

リストを作る時に「非公開」にしていないとリストへ追加した相手に通知が届きます。

相手に通知を飛ばしたくない場合はリスト作成時に非公開にするか、編集で非公開にしましょう。

非公開にしたいリストをタップ

リスト

「編集」をタップ

編集

リストの削除もここから行えます。
「非公開」をONにして「完了」をタップ

非公開

非公開にしたリストは鍵アイコンが付くので確認しましょう。

鍵

これで相手をリストに追加しても通知は行きません。

また、自分のアカウントを非公開(鍵付き)にしている場合は、リストを非公開にしていなくても相互フォローの関係でなければ相手に通知は行きません。

スポンサーリンク

シェアする