Twitterで特定のアカウントからの通知を表示させない方法

Twitterの通知設定が以前よりも細かく設定できるようになりました。

知らない人や迷惑な通知を鍵付きにしないでもシャットアウトできるようになります。

この記事では、通知の「詳細フィルター」を設定する方法について紹介しています。

スポンサーリンク

通知の「詳細フィルター」

Twitterの通知は他のユーザーからフォローされたり、@ツイート、DMなどがあった時に知らせてくれるもので、プッシュ通知とは別ものです。

この機能を使えばフォローしていない人や、迷惑な人からの通知を一切受け取らなくて済むようになります。

特にリツイートや@ツイートが多い有名な人は通知の量を一気に減らせるので便利ですね。

また、この機能は全てONにしてもフォローしているアカウントからの通知には影響しません。

詳細フィルター

自分のアカウント画像を選択します。

画像

「設定とプライバシー」を選択します。

設定

「通知」を選択します。

通知

「詳細フィルター」を選択します。

詳細フィルター

通知を表示させる必要がない項目をONにしましょう。

次のアカウントからの通知を表示しない

フォローしている人に対しては無効です。

スポンサーリンク

鍵付きにするほどじゃない場合に便利

邪魔な通知はうざい。

けど、鍵付きにすると色々な制約があるので困る。

そんな時に設定すると便利ですね。

特に「フォローしていないアカウント」と「フォローされていないアカウント」をONにするだけで多くの通知をシャットアウトすることができます。

知らない人とはあまり関わりたくない人は設定しておきましょう!

スポンサーリンク

シェアする