Twitterで特定のキーワードやユーザー名をミュートに設定する方法

Twitterのミュート機能が更に強化されました。

以前は通知のみ特定のワードをミュートにする事が可能でしたが、タイムライン上のワードもミュートにできる「ワードミュート」を利用して見たくないキーワードを指定しましょう。

この記事ではTwitterで見たく無いキーワードやフレーズをミュートに設定する方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

特定のキーワードをミュートにする設定方法

まずはPC(ブラウザ)での設定方法から紹介していきます。

「プロフィールと設定」をクリック

設定

「設定とプライバシー」をクリック

プライバシー

「ミュートするキーワード」をクリック

ミュート

「追加」をクリック

追加

ミュートにしたいキーワードやフレーズを入力して「追加」をクリック

追加

ミュート対象に「ホームタイムライン」と「通知」を選択でき、期間も再度オンにするまで、24時間、7日、30日を選択する事ができます。

iPhone・Androidの設定

自分のアイコンをタップ

アイコン

「設定とプライバシー」をタップ

設定

「通知」をタップ

通知

「ミュート中」をタップ(iPhoneのみ)

ミュート

「ミュートするキーワード」をタップ

フレーズ

「追加」をタップ(Androidは「+」ボタン)

追加

ミュートしたいキーワードを入力して「保存」をタップ

保存

以上でキーワードやフレーズをミュートに指定できます。

時間指定することで特定の期間はネタバレ系のワードをミュートにしたり、見たくないワードやユーザーを簡単にミュートにするのに便利です。

指定したワードのハッシュタグやユーザー名もミュートにできるので、Twitterをより安心して使う事ができそうです。

スポンサーリンク

シェアする