Twitterアプリでデータ通信量を減らす方法!制限を回避するために設定しよう

スマホユーザーの最大の敵とも言える通信制限

Wi-Fiを使って入れば問題ない通信制限ですが、Twitterのように外出先でもちょこちょこ開くようなものは設定から通信量を減らして通信制限を回避しましょう。

この記事では、Twitterアプリを使う際の通信量を減らす方法を紹介しています。

スポンサーリンク

Twitterアプリでデータ通信量を減らす

Twitterアプリを起動して自分のアイコンをタップします。

設定

「設定とプライバシー」をタップします。

設定とプライバシー

「データ利用の設定」をタップします。

データ設定の利用

「画像のプレビュー」をオフに、「動画の自動再生」と「高画質動画」の設定を「Wi-Fi接続時のみ」に変更します。

Wi-Fi接続時のみ

これらの設定をすることにより、Wi-Fi接続時以外では通信量が多くなる画像や動画の読み込みをしなくなります。

タイムラインで流れる画像や動画はURLで表示されるようになるので、リンクをタップするといつでも見る事ができます。

間違ってタップして再生してしまうのが嫌な人は「オフ」にするといいでしょう。

ただし、広告に関してはこの設定にしても動画は流れ、画像も表示されます。

スポンサーリンク

RTといいね!がリアルタイムで更新されないようにする

タイムライン上のRTやいいね!はリアルタイムで更新されるため、通信量を割と食います。

これも無しにできるので、気になる人は設定しておきましょう。

「設定とプライバシー」にある「アクセシビリティ」をタップします。

タイムライン

「動きを減らす」をオフにすることでアプリ内のアニメーションの量を制限することができます。

RTといいね!

RTやいいね!が多いツイートがよく表示されるような人は通信量を結構減らせるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする