Twitterにログインできない時の原因とパスワード忘れなどの対処方法

この記事ではTwitterでログインができない時の原因と対処方法について紹介しています。

スポンサーリンク

Twitterにログインできない原因

Twitterにログインできない原因として、以下のような事が挙げられます。

・Twitterに障害が発生している

・ログインパスワードやユーザー名を忘れた

・Twitterアプリの不具合

・アカウントの乗っ取り・ハッキングされた

Twitterにログインできない場合の主な理由はこの4つになるかと思います。

Twitterにログインできない時の対処方法

スポンサーリンク

Twitterに障害が発生した場合

Twitterに障害が発生している場合はTwitter公式サイトのステータスで確認できます。

Twitter Status

タイムラインが空白になったり、繋がらない時に確認してみましょう。

この場合はTwitter自体に問題があるため、復旧されるまで待つしかありません。

ログインパスワードを忘れた場合

基本的にパスワードは初回に入力した以降、常にログイン状態になっていることが殆どのため、忘れてしまう人が多くいます。

必ず覚えるかメモを残すように

パスワードを忘れてしまって思い出せない場合は「パスワードのリセット」を行いましょう。

Twitterにログインできない状態でも「パスワードのリセット」は可能です。

ただし、メールアドレス、電話番号、またはTwitterのユーザー名のいずれかが必要になります。

「Twitterアカウントを探す」から入力したユーザー名などによってTwitterアカウントが表示されます。

Twitterアカウントを探す

アカウント

アイコンとユーザー名に間違いがなければそのまま「続ける」で登録したアドレスにメール、電話番号にSMSメッセージが届きます。

この時必要になるユーザー名は「@〇〇」の「〇〇」の部分になります。

ユーザー名を忘れた場合

ユーザー名である「@〇〇」の「〇〇」の部分を忘れてログインできなくなった場合は電話番号かメールアドレスを使いましょう。

ユーザー名

Twitterアカウントの作成には電話番号かメールアドレスのどちらかが必ず必要になります。

そのため、登録時に使った電話番号かメールアドレスさえ覚えておけば、ユーザー名とパスワードを忘れてもなんとかなります。

Twitterアプリの不具合

AndroidやiPhoneのTwitterアプリを利用している場合、アプリの不具合でログインができなくなることがあります。

その場合は新しいバージョンが出ていればインストールしてみてください。

Twitter自体に問題がなければChromeやSafariブラウザからログインできるので、アプリの不具合が直るまではブラウザでTwitterを利用しましょう。

アカウントの乗っ取り・ハッキングされた場合

アカウントが乗っ取られた場合はパスワードのリセットをリクエストしたり、サポートに問い合わせる必要があります。

ログインパスワードを忘れた場合で紹介したTwitterアカウントを探すでパスワードリセットをリクエストしてください。

パスワードリセットができない場合は以下のリンクから「アカウントが乗っ取られた場合」を選択してTwitterに知らせてください。

Twitterサポートへ問い合わせ

スポンサーリンク

シェアする