Twitterは見るだけで相手に誰かバレる、分かる足跡機能ってある?

ツイッター

Twitterは見るだけでバレるのか・・

全然仲良くない人のTwitterを見たり顔見知り程度だったり、ちょっと気になるあの子のTwitterを毎日チェック!

なんてことをしてる人は多くいると思います。

これがもし、相手に見ていることがバレるなんてことになったら明日から学校にいけない・・なんてことに

気になるTwitterの足跡機能ですが、色々と調べてみました。

スポンサーリンク

Twitter公式の足跡解析ツール

Twitter公式では誰が観覧したかという解析ができるツールの類はありません。

設定を確認しても足跡、観覧履歴を削除する機能もないので探す必要はありません。

Twitterを見たのがバレる行動

・アカウントをフォロー
・リツイート
・いいね

当然Twitterを使っている人はこれらの行動でバレるということは知っていると思いますし、知られたくない人はわざわざこういった行動はしないですよね。

スポンサーリンク

アカウントのフォロー

Twitterをやっていれば殆どの人が誰かをフォローしたりされたりしますよね。

アカウントをフォローすると設定で通知をOFFにしていなければお知らせとしてフォローされた人に届きます。

通知をOFFにしていたり、お知らせを見ない人でもフォロワー一覧に表示されてしまいます。

誰が見ても本人だと思わない名前やプロフィールにしていれば身バレすることはないと思いますが、ツイートによってはバレてしまうので気を付けましょう。

もしくは鍵をかけてしまえばどんなツイートをしても相手を承認しなければバレません。

リツイート

相手のツイートをリツイートすると相手にお知らせが届きます。

これも設定で通知をOFFにしていれば通知されませんが、ツイートから誰がリツイートしたか確認することができます。

いいね

ハートマークのアイコン「いいね」を押すと相手にお知らせが届きます。

また、ツイートから誰がいいねをしてくれたのか見る事ができます。

自分のツイートでいいねされたツイートの確認をするには、時間が経つとそのツイートを探す必要がありますが、ツールを使うことで確認することが可能です。

おすすめユーザーでバレる危険性

Twitterで表示される「おすすめユーザー」これはどういった基準で選ばれているのか

基本的には似通ったプロフィール、ツイートをしている人、フォローのパターンなどをTwitterのアルゴリズムによって作成されています。

メールアドレスや電話番号を登録している場合は連絡先経由でもおすすめユーザーが表示されます。

国や市区町村によって同じ地域のユーザーがおすすめユーザーとして表示されます。

また、自分のことを頻繁に見ているユーザーや、フォロワーのフォロワーも表示されます。

具体的には何回Twitterを覗いたら表示されるということはわかりませんが、おすすめユーザーに表示される人はあなたのツイートをよく見ている人の可能性があります。

一時期は危険だったおすすめユーザー

一時的にTwitterがIPアドレスや位置情報を取得しておすすめユーザーを表示させていたようです。

その為、誰にも教えていないのにおすすめユーザーが家族だらけなんですけど?という人も・・

あくまでテストとして行ったことで、現在は非公開アカウントの利用者を晒してしまう可能性があるということで廃止されています。

絶対にバレたくないけど相手のツイートを見たい場合

Twitterアプリにログインして相手のツイートを何度も見ていると、おすすめユーザーに表示される可能性があります。

その為、Twitterアプリを使わずに、ブラウザ版のTwitterからログアウトした状態でみることで絶対にバレることはありません。

また、ブラウザのシークレットモード、プライベートモード等を使うとTwitterにログインしながら見ても問題ありません。

バレないようにする為には

非常に簡単な方法がアカウントを複数持つことです。

適当に別アカウントを作って、そのアカウントでは見るだけに徹することで誰だかバレません。

プロフィールも編集しない、ツイートもしない。これでいくら相手のおすすめユーザーに表示されたって問題ありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする