Chromeで邪魔な予測変換を削除・無効化する方法

スポンサーリンク

この記事ではGoogle Chromeで予測変換を削除・無効化する方法を紹介しています。

スポンサーリンク

予測変換とは

予測変換とは、アドレスバーに入力している時、入力中のワードを自動で補完してくれる機能です。

予測変換

予測候補や過去に見たサイトが表示されるため、便利な時もあります。

しかし、知り合いにPCやスマホを貸す時に見られたく無いサイトがバレたりすることもあるので気をつけましょう。

Chromeの予測変換を削除・無効化させる方法

予測変換はデフォルトで有効になっているので、邪魔に感じる人は削除してしまいましょう。

「Google Chromeの設定」→「設定」をクリック

設定

下までスクロールして「詳細設定」をクリック

詳細設定

「プライバシーとセキュリティ」の項目にある「予測サービスを使用してアドレスバーに入力した検索とURLを補完する」をOFFにする

OFF

これで予測変換機能は無効化されますが、過去に検索した履歴によって一部のワードではまだ予測変換されてしまいます。

そのため、閲覧履歴を削除する必要があります。

閲覧履歴の削除

上で紹介した画面のまま操作していきます。

「プライバシーとセキュリティ」の項目にある「閲覧履歴データを消去する」をクリック

閲覧履歴

「期間」の「1時間以内」をクリックして「全期間」に変更

期間

「閲覧履歴」だけにチェックを入れて「データを消去」をクリック

消去

これで予測変換で使われる履歴を削除できました。

アドレスバーに入力して予測変換が出来ないことを確認しましょう。

コメント