Googleの検索履歴を削除する方法!アクティビティもしっかり消す!

Google

この記事ではGoogleの検索履歴を削除する方法を紹介しています。

履歴はアクティビティも忘れずに消すと何かと安心できます。

スポンサーリンク

検索・閲覧履歴を削除する方法

Googleの検索履歴はブラウザ上で管理しているものと、Googleアカウントでログインしている場合はアカウント上で管理しているものに別れています。

Chromeブラウザで検索・閲覧履歴を削除する方法は以下の記事を参考にしてください。

検索・閲覧履歴の削除方法

Googleアカウントでログインして利用している場合、Googleアカウントに紐付けされている履歴に関しては「アクティビティ」で削除する必要があります。

Googleアカウントでログインした状態で検索をしていると、ブラウザ上の履歴を消してもアカウント情報としてアクティビティに保存されたままになります。

Googleアカウントから毎回ログアウトする人も少ないと思いますが、このアクティビティを知っている人にPCを貸すとこっそり覗かれてしまうかもしれないので気をつけましょう。

スポンサーリンク

アクティビティの履歴を削除する

以下のリンクからアクティビティのページを開きます。

アクティビティ

※Googleアカウントをログアウトしていればアクティビティに履歴が残ることはありません。

「日付とサービスでフィルタ」をクリックします。

日付

「日付でフィルタ」が表示されるので、消したい期間を選択します。

フィルタ

次に下へスクロールして「Googleサービスでフィルタ」から削除したい履歴を選択します。

今回は検索だけ削除するので「すべてのサービス」のチェックを外して「検索」にだけチェックを付けます。

検索

上にスクロールして検索アイコンをクリックします。

検索する

選択した期間の検索履歴が表示されます。

検索したキーワードや閲覧したサイトが日毎に表示されます。

個別に削除したい場合は消したい項目をクリックして「・・・」→「削除」で消すことができます。

一括でまとめて削除する場合は一番上の「・・・」から削除します。

一括

「検索結果を削除」をクリックします。

検索結果を削除

削除確認が表示されるので、問題なければ「OK」をクリックします。

削除する前に

さらに「削除したデータは復元できません。」と表示がでるので問題なければ「削除」をクリックしてください。

削除

全て削除するには

「検索」だけでは全ての情報は消えません。

また、「すべてのサービス」もしくは全てにチェックを入れていると「全期間」では検索できないため、全て削除したい場合は「すべてのサービス」のチェックを外し、1個の項目以外の全てにチェックを付けて上記の方法で削除してください。

※全期間以外を選択すると「すべてのサービス」で検索可能です。

フィルタ

以上でアクティビティに保存されている履歴を全て削除することができます。

Googleアカウントに紐付けされているため、GoogleアカウントでログインしていればPCだけでなく、iPhoneやAndroidスマホ、ブラウザをChrome以外のSafari、IE、Firefox等を利用していても同様に履歴が保存されます。

スポンサーリンク

シェアする