ゲームに浮気に便利なiPhoneのGPS情報を誤魔化す方法で出来ない場合の対処

iPhone(iOS)で脱獄せずにGPS情報を誤魔化す方法(位置情報偽装)。

ポケモンGOのような外に出ないと遊べないゲームや近くに人がいないとできないマルチプレイ、浮気バレ対策としても使えますね。

そんな事が出来る位置偽装の方法ですが、それほど難しい方法ではありません。

しかし、人によって環境が違うので失敗する人も多くいます。

この記事では、以前に紹介したiPhoneで位置情報を弄る方法で頂いたコメントをまとめた情報を紹介します。

位置偽装の方法はこちらの記事を参考にしてください。
iPhoneの脱獄しないでGPSの位置情報を偽装する方法

スポンサーリンク

この記事の注意点

かなり大雑把な記事です。

基本的には上で紹介した記事の方法で出来ます。出来なければ上で紹介した記事のコメント欄にも色々と情報が載っているので確認してください。

この記事でも紹介する「Simulate Locationが表示されない原因」に関して以外は、ほぼ手順のミスです。私の記事は見にくいですが、何とか読めばできるはずです。

暗号化しない、パスコード解除、iPhoneを探すをOFFなど、慎重に作業してください。

どうしてもできない人はTwitterからDMでもしてくれると説明できますが、あくまで私の気分次第です。

コメントでは伝えづらいし分かりづらいです。また、「エラーが出たけど、何がわるいの」というだけのコメントが多くて困ってます。

コメント自体は受け付けますが、記事内を読めば分かると判断したコメントは申し訳ありませんが承認せずに削除します。

iPhoneで位置情報を偽装する方法でエラーが出る場合の対処方法

非常に多くのコメントをいただきました。その中には、原因と直し方について報告をしてくれる方もいて、参考になった方も多いかと思います。

また、エラーが出て出来ないといったコメントも多く頂きました。

私もそれほど詳しくはありませんが、コメントで頂いた情報からTwitterのDMでそれなりの人数の方に位置情報偽装を教えて成功させることもできました。

その中でも失敗する原因として最も多いのは「Simulate Locationが表示されない」というものです。

スポンサーリンク

Simulate Locationが表示されない原因

記事通りの手順で行ったがSimulate Locationが表示されない場合は以下のことが原因かと思います。

私の環境(iPhone4S)では「iPhone/SystemFiles/HomeDomain/Libirary/Preferences」内に「com.apple.Maps.plist」があります。

しかし、iPhoneのバージョンによって「com.apple.Maps.plist」が有ったり無かったりするようです。

場合によっては「HomeDomain/Library/spring Board/Application Shortcuts/」などにあります。

「HomeDomain/Library/spring Board/Application Shortcuts/」のフォルダ内にある「com.apple.Maps.plist」は削除する必要があります。このフォルダ以外にある場合は削除する必要はないと思います。

※有るか無いか必ず確認してください。

削除する場合はデスクトップなりに避難させて行ってください。

「com.apple.Maps.plist」が「iPhone/SystemFiles/HomeDomain/Libirary/Preferences」内に存在しない場合、Google検索で「com.apple.Maps.plist ダウンロード」と検索してダウンロードしてください。

ダウンロード後は「ibackupbot」で「iPhone/SystemFiles/HomeDomain/Libirary/Preferences」にImportしてください。

また、コメントで「iPhone/UserAppFiles/com.apple.Maps/Libirary/Preferences」内にある「com.apple.Maps.plist」を書き換えて成功しとの報告もいただきました。

記事内の情報で出来ない場合は試してみてください。

com.apple.Maps.plistの中身が違う

私が載せている画像と「com.apple.Maps.plist」の中身が違うというのも原因の一つのようです。

最も多いのが、「com.apple.Maps.plist」の文字列が多いというものです。私はiPhoneのアプリをあまり入れなかったりする為か、com.apple.Maps.plistの中身は非常にシンプルです。

コードの書き換え

私の中身はこの画像のみとなっていますが、人によっては行数が多い場合があります。

その場合、中の文字を全て削除してから上の画像と全く同じようにしてください。

もし同じにして何かデータが消えたりしても私は知りません。中身を削除せずに出来る方法があると思いますが、私には分かりません。

エラーが出る

エラー36:容量不足が原因なので、いらないものを削除してやり直す

ファイルを開こうとすると「Enter Password」と出る:iPhoneのロックを解除、もしくはバックアップ時に暗号化しないでやり直し

Importした時等に「Can’t import file to an encrypted backup」と出る:暗号化してバックアップを取ったことが原因

エラー37:iPhoneを探すを無効にしてやり直し

バックアップ後にファイルを確認したら元通りになっていた:バックアップを削除して一からやり直す

no device connected. Please click OK, connect device to computer and wait until it appears in the Devices window. Then try restore again.:ケーブル接続の問題です。iTunesで接続が確認できてるからといっても接続が問題です。

基本的に英文はコピーして翻訳かければ大体分かります。

アプリに悪影響があるかも

iOS9.3、ヘルスケアでダッシュボードが空になる

原因は「iPhoneのバックアップを暗号化」していないデータで復元。

ヘルスケアのログは暗号化しないとバックアップされないようです。

といったように何かしら問題が出るアプリもあります。

まとめ

かなり雑ですが、大体こんな感じです。

恐らく出来ないと嘆いている人の大半はPC操作自体に慣れていないと思います。

コピペできないとかそういった所で躓く人はやらない方がいいと思います。

お願いですからエラーで困ってる等のコメントする前に、この記事内と以下の記事とそのコメントも読んでからにしてください。

iPhoneの脱獄しないでGPSの位置情報を偽装する方法

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 通りすがり。 より:

    エラー37は「iPhoneを探す」をオフにすれば解決します。

  2. うさちゃん より:

    iphoneを探すOFF
    パスコードオフ
    位置情報オフ
    SystemFiles/HomeDomain/Libirary/Preferences内のcom.apple.Maps.plistの中身を

    __internal__PlaceCardLocationSimulation

    このように変えてファイル一番上を右クリックしRestore to deviceを押し復元を始めると始まるのですがゲージが3,4割のところでとまりずっと放置するとエラー‐17が出てきます
    何が原因でしょうか(´・ω・`)

    • あびこ より:

      エラー17に関しては良く分かりませんが、ネットワークが不安定なのかもしれません。

      • うさちゃん より:

        ネットワークが不安定だとできないことがあるんですか(゚д゚)!
        動画とか(You Tubeなど)は問題ないのですが、、、

        • あびこ より:

          リストア時に失敗するということはケーブルに問題があったりするんじゃないでしょうか

      • うさちゃん より:

        もうちょい頑張ってみます<(`・ω・´)

  3. うさちゃん より:

    ケーブルは三回ほど別のに変えてチャレンジしています
    今Error occured when handshake with device,error code[-19]
    と出ました

    • あびこ より:

      バックアップファイルを削除したり、何度も試して下さい。PC環境によってリストアに失敗することもあると思います。

  4. ドリカム より:

    位置情報変更はできましたありがとうございます。
    この位置を変更した状態で、端末の持ち主が移動すると、どのようになりますか?

    エラーで落とされますか?
    それとも、東西南北で地図上で移動していることになりますか?

    ご回答の程、よろしくお願いします。

  5. ドリカム より:

    固定になるんですねありがとうございます。

    今まで利用された方の中で、ヘルスケア以外のバグ等何かありましたら
    教えていただけると幸いです。

  6. ドリカム より:

    レスポンスが早く助かります。

    正直、ライン等が問題なければ何でもよかったので、ありがとうございます。

    ちなみにですが、位置情報を元に戻すのは、端末再起動意外だと
    元に戻らないですか?

    • あびこ より:

      完全に戻すなら書き換えたファイルを元に戻してリストアですけど。
      もっと簡単に戻すとなると再起動以外はちょっと分からないですねー。

  7. key より:

    Restore completed.まで完了しエラーなどの表示は出てないのですがsimulate locationが表示されません。何か原因に心当たりがあれば教えて欲しいです。

    • あびこ より:

      この記事のsimulate locationが表示されない原因に当てはまらない場合、私にはわかりません。
      多分ですが、書き換えに成功していないのではないかと思います。バックアップファイルを確認してみてください。

  8. まちこ より:

    記事ありがとうございました。
    ios9.3.3で出来ました。
    記事と違うところ、ファイルの名前が「com.apple.MapsSupport.plist」になってました。
    そのまま~の文章いれてrestoreしても
    simulate location出なかったんですが
    iosの再起動をすると表示されました。

    • あびこ より:

      「com.apple.MapsSupport.plist」の書き換えで成功したんですか・・それは初耳です。貴重な報告ありがとうございます!

  9. ぐろり より:

    iPhone6のios9.3.3で手順通りやればできました!ありがとうございました!

  10. まるしえ より:

    他のサイトを拝見すると9.3.3でこれを導入するとiPhoneの再起動では位置偽装の固定化が解除されずPCを介してバックアップの復元をしないと(固定化が)解除されないとの事です。
    9.3.3で導入された方この点いかがでしょうか?

  11. 名無し より:

    ファイルの書き換えが終わり、simulate locationも表示されているのですが、タップして灰色に変化しても位置情報が変化しません。何か問題が起きているのでしょうか。

    • あびこ より:

      そこまで行けて出来ないのはちょっと分かりかねますねぇ・・
      私なら全部元に戻して再度やり直しとかを試してみます。

  12. 匿名 より:

    こんにちは。
    上手く導入することが出来、問題なく使用した後、一旦再起動して元に戻しました。

    その後もう一度位置偽装をしたところ、連続的に位置偽装をすることが出来ず、一度偽装した後は本当の場所に戻ってしまいます。
    アプリを強制終了して再度立ち上げるとまた1回は偽装出来ますが、2回目からは本当の場所に戻ってしまいます。
    こういう現象はどう対処したらいいか、もしご存じでしたら教えて下さい。

    • あびこ より:

      今まで見たことないですねぇ。ちょっと私では分かりかねます。
      もし私が同じ状況になった場合は再度リストアしたり、大本の状態に戻してやり直しです。参考になれば・・

    • 通りすがりのGO より:

      アプリとはたぶん某GOの事を言ってるのかと思われますが、GPSデータがゲームサーバーの方にある程度保存されるようですので離れた場所へ設定してた場合保存場所に戻されてしまいます。
      某GOのアプリを一旦強制終了し10分~30分程度してから行きたい場所を設定してから起動してみてください。
      ただし、間を空けた時間で行けない場所に設定してしまうと戻される場合があります。(上手くいく場合もあります。)

      偽装で何箇所も移動する場合も同様に極端に離れている場合は認識してくれない事がありますので距離で言うと200m程度にしておく事をお勧めします。
      スポットが複数重なる場所200m程度間隔の所3箇所を6分で一周する程度なら上手く移動してくれ歩数距離も加算されております。
      短時間で移動しすぎても場所がロックされるので移動先までのマップに記載される徒歩移動時間の3分の2程度間隔を空けてください。(マップ移動時間3分なら2分待機)
      ある程度偽装の対策がされているようですので、一応この移動方法も完璧ではないので(成功率60%程度)上手くいくかな程度でやってみてください。
      ちなみにこちらの環境はiPhone5s(ios9.3.3)です。

      • 匿名 より:

        あびこ様、通りすがりのGO様

        ご返信ありがとうございます。
        通りすがりのGO様おっしゃる通りの現象です。毎回強制終了→再起動だとうまくいきますね。
        wifiの範囲も見ているのか、wifiを切るとペナルティが課されないような気もします。

        程々にしてゲームを楽しみたいと思います。詳細な解説重ねてお礼申し上げます。

  13. 食べかけapple より:

    上手くいかなかったのでSpringBoard内のcom.apple.Mapd.plistをdeleteしたところ、エラーコード20が出ました。ヘルプ?を見ると、どうも重要な項がないのが原因とのことでした。先ほど削除したあれ↑が原因のようですが、どうすればよいのか…
    何かアドバイス等ありましたらご教授頂きたいです。

    • あびこ より:

      私の環境にはないので詳しくないですが、エラー20はバックアップ時にセキュリティソフトがウィルスとして削除しているからかもしれません。
      セキュリティソフトを一旦解除するなどしてからバックアップを取り直してみてはどうでしょうか。

  14. ma より:

    iphoneを探す、パスコード、位置情報をオフにして、手順通り進めて行くと復元が始まり3分の1くらいで止まって、device is not ready. と出ます。
    ケーブルを変えたりバックアップファイルを削除してやり直したりしていますが、変わりません。
    何が原因かわかるでしょうか?

    • あびこ より:

      セキュリティソフト解除したりツールのアインインストールしたりと色々試すしかないんじゃないですかね。
      デバイスの準備ができてないとのことですから、環境に問題があると思います。

  15. めい より:

    位置情報変更はできたのですがパズドラレーダーでは反映されずに
    まったく違う場所を認識してしまいます。9.3.4です
    対策などされていて現状厳しいものがあるのでしょうか?

  16. みう より:

    すいません
    ios10なのですがすべての作業を終えた後復元をした直後ibotのアプリがエラーをおこします
    その後iphonが再起動され位置情報がかえられません

    • あびこ より:

      iOS10で成功している人もいますが、私は試していないので何とも言えません。
      ただ、ibotがエラーを起こすようなら再インストールしたり、iTunesでリストアを試してみてはどうでしょうか。

  17. 匿名 より:

    iOS10(iPhone6)で、エラ-17の対処法
    ありませんか?

  18. 匿名 より:

    お初です。あびこさんの記事とまったく同じ文章を打ち込み保存してもcom.apple.Maps.plistの中身が空になってしまいます。自分の文章が間違っていると思い何度も入力したのですが空になってしまい、失敗してしまうのですがどうすればいいのでしょうか?

    • あびこ より:

      暗号化してないか確認しつつ、バックアップの取り直しとかですかね。
      単純に保存の仕方が間違ってる可能性が高いのでは?と思います。

  19. ケンタ より:

    iPhone7 ios10.0.1 です。
    1回目は「Restore completed」までいきましたが、その後iPhone上で「Simulate Location」が出てこなかったため、一度「com.apple.Maps.plist」を消し、再度インポートしなおして中身を書き換えて再度「Restore to device」を行ったところ

    Error Occured.
    Error Code: 205
    Error Message: Digest didn’t match for some files (MBErrorDomain/205)

    というエラーが出るようになってしまいました。
    どのようにしたらよいでしょうか。

    • あびこ より:

      バックアップがおかしくなっているんじゃないでしょうか?バックアップを取り直して最初からやってみるといいかもしれません。

  20. ケンタ より:

    迅速な返答ありがとうございます。
    バックアップを取り直してやってみましたが同じエラーが出てダメでした;;
    iBackupBotで「Restore to device」を行うかわりにiTunesで「バックアップを復元」を行うやり方も試してみたところ、エラーなどはありませんでしたが、復元を終了してもiPhone上で「Simulate Location」が出てきませんでした。

    • あびこ より:

      たまに書き換えたはずができてない場合があります。復元後にも書き換えができているのか確認してみてください。
      また、ウィルスバスター系はOFFにするなど。

      同じエラーコードが出た方はiPhoneを初期化したら成功できたとのことです。ただ、初期化は色々と面倒なのでおすすめはしません。

  21. あべ より:

    書き換える部分全体の文章全部コピーしてくださいきえちゃいました

  22. より:

    エラーコード205が出ました

    一部ダイジェストが一致しないとのことですがわかりますか?

    • あびこ より:

      うーん
      パスコードロックがオフになってないとか、ウィルスソフトがiBackupBotに反応してるかも?

      それか、一度古いバックアップを削除してみてはどうかな?くらいしか思いつきません。

  23. 風の民 より:

    エラーコード20がでました。対処法を教えてくだされば幸いです。

    • あびこ より:

      コメントの方も確認してみてください。

      結果、できなかった場合は他に対処方法を知りません。

  24. 偽装したい より:

    管理人様とても丁寧でわかりやすい記事ありがとうございます。
    どうしても編集したデータをインストールする際に下記のように失敗してしまいます。
    助言を頂けると大変助かります。
    まず本体設定(パスロックのOFF等)次にitunesで暗号化せずにバックアップ
    ①データの編集をせずにiBackupBotにてRestore to device→当然状態に変更なし
    ②iBackupBotにてデータを編集してRestore to device→iPhone側で復元中に問題がありました〜と表示され再起動以外に選択肢が無くなりバックアップ時の状態に。
    ③iBackupBotにてデータを手書き復旧して上書きしRestore to device→再び復元中に問題〜
    PCでデータの編集をした際に権限的なものが変わって復元出来ない?ような印象です。
    編集したデータはiTunesでも復元出来ませんでした。
    PCはあまり詳しくないですが環境はWindows10 64ビットです。
    長文すいません。よろしくお願い致します。

    • あびこ より:

      最近全く同じ人が多いみたいですね。ひょっとしてiOSは10.3.3でしょうか?
      もしそうならiOSのバージョンが原因かもしれません。
      申し訳ありませんが、この場合は私にはお手上げです。

  25. 偽装は成功してます より:

    iOS10.3.3 iphoneSEで偽装は成功してます

    偽装して固定していたGPSが何かの原因で解除されてしまいます
    Wifiをオフにしてます。他に位置情報を要求するアプリは立ち上げてません。
    唯一iPhoneを探すは他の端末で私の位置情報を調べられてます

    特定の時間になると偽装が解除されてる気がします。14時あたりがとくにそのように感じます

    なにか情報がございましたら教えて頂きたいです

    • あびこ より:

      基本的には再起動しなければ解除されないと思います。
      ただ、使いたい時に使うだけで毎回チェックとかしてないので、時間経過で解除されたりするのかはわかりません。
      怪しい時間帯に誰かが再起動してるとか、iPhoneの挙動を観察してみてはどうでしょうか。