Kindle Unlimitedの使い方!読み放題対象本の探し方や終了方法

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedの使い方!

この記事では「Kindle Unlimited」の使い方を紹介しています。

Kindle Unlimitedとは

Amazonの「Kindle Unlimited」は約20万冊以上の本を月額980円で読み放題サービスです。

「Kindle Unlimited」のサービス内容を簡単にまとめると以下のようになります。

サービス内容
・読み放題タイトル数が20万冊以上
・月額980円
・誰でも加入できる
・1度に読めるのは10冊まで

10冊以上読むことは勿論できますが、ライブラリに10冊以上追加する事はできないので、10冊までライブラリに追加していた場合は読み終わった本の利用を終了させる必要があります。

Amazonでは似た様なサービスの「Prime Reading」がありますが、こちらは「プライム会員」の特典で対象となっている本は約1,000冊程です。

「Kindle Unlimited」は誰でも月額980円で利用可能で200,000冊以上の本が読み放題対象となっているので、「Prime Reading」とは満足度が桁違いです。

Kindle Unlimitedに登録する価値はある?損をしないおすすめの使い方も紹介!
「Kindle Unlimited」について、月額980円支払う価値はあるのか?損をしないおすすめの使い方を紹介していきます。

Kindle Unlimitedでできること

Kindle Unlimitedで何ができるのかというと、読み放題対象となっている本を一度にライブラリに追加して読む事ができます。

一度DLしておけばオフラインでも読む事が可能なので、事前にDLしておくといいでしょう。

ただし、読みたい本を一気に10冊以上ライブラリに保存する事はできません。

スポンサーリンク

10冊までライブラリに追加

Kindle Unlimitedの読み放題対象となっている本であれば制限なく読む事ができます。

しかし、読み放題対象の本はライブラリに追加する必要があり、ライブラリには読み放題対象の本を最大10冊までしか追加する事ができません。

本の利用を終了

追加した10冊を読み終わって新しく次の本を読もうとすると、追加した本の利用を終了させる必要があります。

本の利用を終了すると、終了した本はライブラリから削除されますが、読み放題対象になっている限りKindle Unlimited会員なら何度でも読む事ができます。

多少面倒ではありますが、読み放題対象タイトルの中で読みたい本を事前に「ほしい物リスト」に追加しておくと本を探す手間が省けます。

Kindle Unlimitedの使い方

Kindle Unlimitedの使い方は「ライブラリに本を追加する」、「本の利用を終了する」の2つで非常に簡単です。

ブラウザで読む事もできますが、ページを切り替える時に読み込みがあったりしてストレスになるので、PC/スマホ共にアプリを使って読む事をおすすめします。

読み放題対象タイトルの探し方

Kindleカテゴリーで「Kindle Unlimited 読み放題」の「読み放題対象タイトル」にチェックを付けると読み放題対象タイトルだけが表示されます。

読み放題対象

特定のジャンルから探したい場合は「Kindle本」のカテゴリからジャンルを選びましょう。

ジャンル

Kindle Unlimitedマークの付いた本が読み放題対象です。

Kindle

今回は読み放題対象の本だけが表示されているので問題ありませんが、間違って購入しないように気をつけましょう。

iPhoneのKindleアプリで本を探す

iPhoneで探す場合はKindleアプリを起動して「カタログ」から探す事ができます。

探し方

iPhoneのKindleアプリからはKindle本の購入はできませんが、Kindle Unlimitedの読み放題対象タイトルをライブラリに追加する事ができます。

ライブラリに本を追加する

Kindle Unlimitedマークが付いた本はライブラリに追加する事で読む事ができます。

「読み放題で読む」をクリックでライブラリに追加されます。

読み放題対象

もしくは、読みたい本の詳細ページを開いて「読み放題で読む」をクリックします。

読み放題で読む

「1-clickで今すぐ買う」をクリックすると購入になるので間違わないようにしてください。

iPhoneのKindleアプリでライブラリに本を追加する

「カタログ」から探した本をタップして「読み放題で読む」をタップすると本をライブラリに追加する事ができます。

読み放題

基本的にブラウザと変わりありませんが、間違って購入する危険はありません。

本の利用を終了する

ライブラリに10冊追加して読み終わって別の本を追加する場合、ライブラリに追加した本の利用を終了する必要があります。

10冊未満になればいいので、1冊だけ追加したいなら1冊の利用を終了させます。

コンテンツと端末の管理ページからライブラリに追加されている本の利用を終了させます。

コンテンツと端末の管理

「…」をクリックして「この本の利用を終了」をクリックします。

本の利用を終了

最終確認が表示されるので「はい」をクリックします。

確認

複数の本を同時に終了させることはできません。

本の利用を終了して続ける

ライブラリに読み放題対象タイトルを10冊追加済みの状態で新しく本を追加しようとすると、「本の利用を終了して続ける」画面になります。

このページではライブラリに追加されている読み放題対象タイトルが表示されるので、終了したい本の「利用を終了して続ける」ボタンをクリックすると本の利用を終了しつつ、新しい本をライブラリに追加する事ができます。

簡単

このやり方だと終了と追加が同時に行えるので楽です。

iPhoneのKindleアプリで本の終了をする

利用を終了したい本を長押しして「本の利用を終了」→「利用を終了」をタップします。

スマホ

「端末から削除」はDLした本が削除されるだけでライブラリからは消えません。(DLしてない状態になるだけ)

読み放題タイトル

読み放題対象タイトルへのリンクのまとめになります。

※対象数は2018年11月時点

まとめ

使い方自体は難しくありませんが、読み放題対象の本の中から読みたい本を探すのがかなり面倒になります。

日頃からチェックして欲しい物リストに追加していくのがおすすめです。

間違って1クリックボタンを押したらカスタマーサービスから返品の問合せをしましょう。

Amazonプライム会員は利点がやばい!特典や料金プラン、メリットデメリットを解説!
Amazonプライム会員のメリットとデメリット、どんな人が登録するとお得なのか紹介しています。

コメント