Macでストレージの空き容量を増やす方法!不要なアプリやファイルを削除しよう

ストレージ容量を増やすには

ストレージ容量が減ることによってMacのパフォーマンスは低下する恐れがあるため、不要なシステムや書類ファイルなどは定期的に確認して削除するのがおすすめです。

動作が重くなってきたと感じたら、まずは不要なファイルやアプリを削除して動作が軽くなるか試しましょう。

この記事ではMacでストレージの空き容量を増やす方法を紹介しています。

作業は「macOS High Sierra」で行なっています。

スポンサーリンク

Macのストレージを確認する方法

外付けHDDを接続してから始めると内蔵HDと外付けHDDの両方のストレージを確認できます。

上部メニュバーのリンゴマークから「このMacについて」をクリックします。

メニュー

上部タブから「ストレージ」をクリックします。

ストレージ

現在Macに接続しているHDのストレージを確認できます。

ハードディスク

何系のデータか確認するには色が付いている箇所にカーソルを合わせると確認ができます。

占有率

各項目はシステムやApp、音楽制作といった分け方になっていて、使用している容量を確認できます。

不要なファイルを削除してストレージ容量を増やす

先ほどのストレージウィンドウから「管理」をクリックします。

管理

このウィンドウではファイルを詳細に確認することができます。結構便利なので覚えておきましょう。

不要なファイルやアプリのアンインストールもこの画面から行うことができます。

不要なファイルを削除

忘れがちな人が多いですが、ゴミ箱に削除するだけではストレージに空きはできません。ゴミ箱に入れたらその中身を削除することでストレージ容量に空きができます。

忘れて溜まりっぱなしになるような人はここで「ゴミ箱を自動的に空にする」をオンにしておくといいでしょう。

左のメニューを上から順に確認して不要なファイルやアプリは削除していきます。

名前にカーソルを合わせると「×アイコン」と「虫眼鏡アイコン」が表示されます。

「虫眼鏡アイコン」をクリックするとそのファイルが保存されているフォルダを開き、「×アイコン」をクリックすると削除してくれます。

削除

タブのサイズや種類、最終アクセスをクリックして順番を並び替えることができます。

順番に確認して不要アプリなどは削除してストレージ容量を増やしていきましょう。

アプリなどは削除するとゴミ箱に入るわけではなく、操作を後から取り消すことはできないので慎重に作業してください。よくわからないアプリなどは削除すると、実は頻繁に裏で稼働させていたものだったりするので、よくわからないアプリは調べてから削除しましょう。

ストレージを増やす

特にiPhoneやiPadを所持している人はiOSファイルの古いバックアップが残っていたりするので、必要なければ古いデータは削除すると容量を増やしやすいです。

ダウンロードやデスクトップに保存しているデータは「書類」の「ファイルブラウザ」から確認ができます。

ファイル

書類の中にあるファイルはダブルクリックでファイルを開き、右クリックでゴミ箱に削除ができます。

スポンサーリンク

ファイルを検索して削除する

上で紹介した方法はそれぞれ分類わけされていますが、条件付けで全ファイルから検索して削除することもできます。

単純に容量が大きいファイルサイズのものを探せるので、全てのファイルから一括で検索して削除したい人は以下の記事を参考にしてみてください。

サイズの大きいファイルを探す方法

スポンサーリンク

シェアする